外の騒がしい話の御題が随分やわらかくなってきたようで、柄にも無いテーマに付き合わず読み止しのにまたあたれそうだ。